重要なお知らせエリアを非表示

「割れずに塗りなおせる食器」うつわむすび
~器を通じて、縁をむすぶ~
400年の歴史が生み出す「サステナブルな食器」
おもてなしセレクション2018年度金賞受賞

About

400年の歴史 × サステナブル × 優しいデザイン

鋳物産業として400年の歴史がある、富山県高岡市。慶長16年、加賀藩主・前田利長が高岡市金谷町に7人の鋳物師を招き、工場五棟を建てたことが高岡銅器の始まりとなる。そこから派生した高度な鋳造技術と伝統ある加飾技術を工夫して、食品衛生法に適応した耐熱塗料を多重層に積層塗装し、陶器の深みある質感と色調を再現し、安心安全な器「うつわむすび」。割れずに、塗り直しや修理が可能なため、サステナブルに最適な商品です。老若男女に愛される おむすび形の優しいデザインが特徴的です。

・小さなお子さんがご両親の料理の手伝いをするときに
・ご高齢の方がお食事をされるときに
・天気の良い日に、ベランダや公園でランチをするときに

そんなシーンで、食器が割れてケガをする心配もなく安心して利用していただける食器です。

Feature 3つの特徴

  • 01

    子供に安心。落としても割れない

    アルミで食器の形を作り、陶器に似せた塗装を施しております。元はアルミのため、割れることはありません。食育の観点から大人と同じ食器を利用させたいが、割れることでけがをさせてしまうことを不安に思われるご両親のために、安心してご利用いただける食器です。また、食品衛生法に適応した耐熱塗料を利用しています。
  • 02

    塗り直しで、オリジナル食器が実現。サステナブルで環境にやさしい

    落としても割れないため、半永久的にお使いいただけます。また、塗装を塗りなおすことで、自分好みに色合いを変えることができます。季節に合わせて、ライフスタイルに合わせて、買い足しではなく、塗り直しによって世界で唯一無二のオリジナル食器を手に入れることができます。
  • 03

    400年の歴史に培われた技術力

    慶長16年から始まった高岡市の鋳造。その技術を現代に引継ぎ、陶器と遜色ない色合いを実現しています。真鍮、ステンレス、アルミなどの金属には、陶器のような質感を実現するのは、難しいとされてきましたが、長年の技術改良によって実現することができました。
PickUpエリアを非表示